大隈衛生企業有限会社
地球温暖化
オゾン層破壊
森林伐採
水質汚染
エネルギー資源
環境ホルモン
廃棄物・ごみ問題
リサイクル
生きた作物 無農薬・無化学肥料野菜
アトピー性皮膚炎
生きた作物 無農薬・無化学肥料野菜 なずなの会ホームページ
 人間の体には、生きた作物が必要です。 生きた作物には、命を育んでくれる生きた土(昆虫やカビ・微生物が無数に生活している土)が必要です。
 皆さんに知ってほしいことは、自然の中には、一匹として無駄な虫はいないし、無駄なカビも存在しません。 さらに、一種たりとも無駄な草はないのです。 人間が、自分たちの都合だけで勝手に殺してもいい命は、ひとつもないということに気づいて下さい。
 田・畑では、化学肥料をまくと土の中で生活している昆虫や微生物の命が断たれ、土が痩せてしまいます。 痩せた土では、野菜が病気にかかりやすくなり殺菌剤を撒いてしまいます。 さらには、虫がつき始めてしまい殺虫剤を撒いてしまうという悪循環を起こしてしまいます。
 現在では、野菜や米作りのプロである農家の人ほど、農薬や化学肥料がなければ絶対に作物ができないと思い込んでいらっしゃるかたが大半だということですが、農薬や化学肥料の怖さ、そして昆虫や微生物が住めない土からできている作物のことをもっと深く考えてください。
「ニンジンから宇宙へ」 赤峰勝人著より
農薬・化学肥料が浸透した原因は?
  • 私たち消費者が、見かけの良い野菜ばかりを購入する
  • 農薬・化学肥料の危険性に無関心である
  • 農薬や化学肥料がなければ作物ができないと思っている(野菜や米作りのプロである農家の人ほど)
  • 一人一人にできること
  • 食べ物への意識をしっかりと持ちましょう。(食べ物の旬を知ること)
  • 生産者の顔が見えるものを購入しましょう。
  • 無農薬・無化学肥料野菜の価値を理解しましょう。
  • 輸入食品を避けましょう。
  • 身の回りに育った自然の作物(旬の物)を食べましょう。(身土不二)
  •   大隅衛生企業株式会社
      〒899-7401 鹿児島県志布志市有明町伊蕪c5686-1
      TEL / 099-474-0338  FAX / 099-474-2006
      有限会社そおリサイクルセンター
      〒899-7301 鹿児島県曽於郡大崎町菱田1218-48
      TEL / 099-471-6050  FAX / 099-477-2612
      © 2003 OHSUMI EISEI ALL RIGHT RESERVED.